■  記憶術の方法@口コミ人気ランキング


1位  記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術
・あらゆる難関資格や難関大学に計3万人を合格に導いた日本一
 ともよばれる記憶術です!クライアント平均30分で1000語!
・世界規模で行われた記憶の大会である「ワールド・メモリー・コンテ
 スト」で日本人として初めての優勝を勝ち取り、何度となくメディアに
 掲載された藤本さんによる実績のある方法です。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

2位  川村明宏のジニアス記憶術
・任天堂DS「右脳を鍛える」で有名な川村明宏が記憶術の秘密を
 公開!一日7分あることをするだけで、覚えられる量を数倍にあげる
 方法とは?!実績ありのロングヒット商品です。
・東京六大学進学・国家資格取得・司法試験合格等にも対応。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

3位  【勉強の説明書】-合格保証付き-
・すべての資格、高校、大学受験生のための勉強法。わずか2時間
 で、合格に必要な7つの能力を全て身につけることができる方法。
・多くのメディアで取り上げられた、世の勉強法の集大成です。
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆

→→ ランキングの続きをもっと見てみる

■  基本的ポイント



記憶術は、@覚えるべきことをいかにして覚えるか。A忘れないようにするにはどうすればよいか。B思い出さなければいけないとき、どのようにして思い出せるか。この三つがポイントです。まず、@ですが、これは、覚えるべき大事なところを効率よく覚えることです。例えば100ページの本を覚えるのに、重要なところを10ページにまとめれば、十分の一の効率で覚えられることになります。

Aは、昔から演説を覚えたりするのにも応用されていた方法として、覚えた事柄を別の対象物に結び付けて覚える方法があります。自分の身に付けている時計や財布などの身近なものと、事柄を結びつければ、頭に入りやすくなります。Bは、Aの応用で、結びつけたものを見たり思い出したりすると、自然に事柄が頭に出てくるように訓練することです。

要は、いかに覚えやすく、思い出しやすくするか、自分なりに工夫することです。物事を要約して覚えるのが大事ですが、このためには、ふだんから文章を読み、要約できる訓練をしておくことです。新聞、雑誌の記事を読んだとき、その記事を短い文章でまとめてみるような練習をしておくと良いでしょう。

思い出しやすくするように、連想方を練習してみるのも良いでしょう。時計、ライター、財布などのいつも身に付けているもの以外、柱、たんす、テレビなど、覚えるための対象物として利用しやすいものを、普段からできるだけ数多く用意しておきましょう。そして、対象物から、覚えたことをすぐに連想できるように練習してみるのです。大変だ、面倒くさい、と思うかもしれませんが、記憶術は、決して楽に出来るものではないのです。

任天堂DSの「右脳を鍛える」で有名な川村博士による記憶術
大ヒットノウハウ!【川村明宏のジニアス記憶術】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 効果を高めるには
古代ギリシャでは、演説や弁論を覚えるのに、必修テクニックとして、学ばれていたそうです。日本では、まず努力、忍耐が重視されるので、あまり受け入れられないのでしょう。最近・・・・続きを読む

★ 衰えは何故起こるのか
この他にも、新しいものへの興味と関心を持つようにする。人付き合いを絶やさないようにする、なども大切です。将棋やクロスワードパズルなどで、こまめに頭を使うようにし、頭のトレー・・・・続きを読む

★ 自閉症との関係
子供は忘れっぽいものです。必要ない情報や、不愉快なことはすぐ忘れ、そして新しいことを覚えていく。これは子供の成長の上で大切なことかもしれません。これに対し、自閉症の子供・・・・続きを読む