■  日本史の勉強法



大学受験で文系を選択する方の多くが日本史か世界史を選択する現在において、「日本史が足をひっぱている」「年号まで覚えられない」という受験生が多くなっております。このページでは、効率よく日本史を記憶する方法についてご解説していきたいと思います。

まず誤解を恐れずに最初に言ってしまえば、日本史は記憶力が全てといっても過言ではありません。数学や国語のようにひらめきや理解力が問われている訳ではなく、歴史の教科書・参考書をまるまる何冊か覚えてしまえば、センター試験での高得点はもちろん、ほとんどの大学のボーダーラインは超えてくるようになっているのです。マークシート・選択・論述、どの形式にしろ、「教科書にでていることを覚えているかいないか」が問われているのです。

とは言っても、「なかなか記憶することができないという方」や「覚えてもすぐ忘れてしまうという方」が大半なのではないでしょうか?もちろん受験勉強に使用できる時間は有限です。効率よく記憶するにはどすすれば良いのでしょうか?

もちろんある程度の努力は必要になってきますが、歴史を効率よく記憶するための方法というものが存在するのも事実です。

>> 歴史が覚えられない人の為の暗記法 【歴史の記憶術】

実際内容を見てみましたが、普通にやみくもに覚えるよりも数倍は「早く」「長く」覚えることができそうです。もし、日本史の勉強法でお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度お試しする価値はあるのではないでしょうか?


  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 基本的ポイント
要は、いかに覚えやすく、思い出しやすくするか、自分なりに工夫することです。物事を要約して覚えるのが大事ですが、このためには、ふだんから文章を読み、要約できる訓練をして・・・・・続きを読む

★ 効果を高めるには
古代ギリシャでは、演説や弁論を覚えるのに、必修テクニックとして、学ばれていたそうです。日本では、まず努力、忍耐が重視されるので、あまり受け入れられないのでしょう。最近・・・・続きを読む

★ 衰えは何故起こるのか
この他にも、新しいものへの興味と関心を持つようにする。人付き合いを絶やさないようにする、なども大切です。将棋やクロスワードパズルなどで、こまめに頭を使うようにし、頭のトレー・・・・続きを読む