■  世界史の勉強法



文系の受験勉強で日本史とともに受験生を悩ませるのが世界史。「世界史の用語が覚えられない」「東西交渉史の流れがわからない」このような悩みを抱えた方が多いのが実情です。

このページでは、世界史を効率よく覚え、記憶に定着させるための方法をご紹介しております。受験生の方や歴史検定を受験しようとお考えの方は、是非ご参考にして頂けたらと思います。

「記憶の量は学習時間に比例しない」と言うと驚かれる方も多いかもしれませんが、「時間の限り記憶をすれば良い」という考え方こそ非効率的な記憶をしていることの証左なのです。力を入れるポイント、覚える方法さえ知っていれば、膨大な知識を短時間でスッキリと頭に入れ、使いこなすことができるようになるのです。

受験やテストに使える時間は限られています。限られた時間の中で、より効率よく学ぶことが求めらているのです。言い換えれば、限られた時間をより有効に利用した者が受験や資格の競争で勝ち抜いているのです。

ある程度の個人差はありますが、世界史を上手に記憶・定着させるための方法が存在します。

>> 歴史が覚えられない人の為の暗記法 【歴史の記憶術】

実際内容を見てみましたが、普通にやみくもに覚えるよりも数倍は「早く」「長く」覚えることができそうです。もし、世界史の勉強法でお悩みの方がいらっしゃいましたら、一度お試しする価値はあるのではないでしょうか?


  

■ 本サイト人気コンテンツ


★ 基本的ポイント
要は、いかに覚えやすく、思い出しやすくするか、自分なりに工夫することです。物事を要約して覚えるのが大事ですが、このためには、ふだんから文章を読み、要約できる訓練をして・・・・・続きを読む

★ 効果を高めるには
古代ギリシャでは、演説や弁論を覚えるのに、必修テクニックとして、学ばれていたそうです。日本では、まず努力、忍耐が重視されるので、あまり受け入れられないのでしょう。最近・・・・続きを読む

★ 衰えは何故起こるのか
この他にも、新しいものへの興味と関心を持つようにする。人付き合いを絶やさないようにする、なども大切です。将棋やクロスワードパズルなどで、こまめに頭を使うようにし、頭のトレー・・・・続きを読む